家計簿の使い方を

家計をムダなく管理して、少しでも節約をしたいと考えているなら家計簿を使用することがいいです。 まず、家計簿の使い方をしっかりと覚えてから使用することです。 一般的な家計簿は通常、一月の単位で集計をするようになっています。 まず、その家計簿の使い方での基本は、お金の流れを把握することです。 最初に、毎月必ず必要になる光熱費や家賃などの固定費を概算します。 ただ、光熱費は季節で変化をするので予算として考えて入れておきます。 その固定費を、除いた分が毎月使用してもいい生活費になります。 しかし、家計簿を付けるのなら目的としての年間貯蓄額をきめておくのが賢い使い方です。 ただ、単にお金の出入りを記帳するだけでは、家計簿の意味はありません。 週単位で、予算を考えてその範囲内でできるようにしていきます。 初めは、どれくらい使うかわからないことがありますが、慣れてくると大まかな流れがつかめます。 そして、家計簿の使い方で一番いいのが、付けることでムダなものが見えてくることです。 予算内で、クリアできた時には何か自分にご褒美をすると頑張るやる気がでてきます。 ただ、あまり予算を少なくすると逆にその反動がでることがあります。 そのために、毎月の生活費の中に予備費として少し残しておきます。 そして、まず貯金をしてから予算割をすることです。 残ったお金を、貯金するのでは目標には届かないことが多くあります。 先取りすることで、もうないものと考えて貯金していきます。 また、家計簿はその1年の我が家の歴史でもあります。 お金関係だけでなく、出来事や思い出などを記入しておくとあとから見たときに参考にできます。 毎日、付けるのが面倒な人はまとめてレシートを残しておいて週に一度することでも大丈夫です。 あまり、細かく分けるとやるにくいので自分のペースで割り振りをします。 そして、最後の年末にその1年の総計をだして目標に届いているか検証すると来年の見直しができます。

管理とバランスを見れるように

お金を貯める為に大切なのが支出をしっかりと管理する事です。お金が何に使われているのかを知らない状態では ・・・続き

Copyright(c) 2015 貯める思いを実現すること All Rights Reserved.